便秘薬のおすすめは下剤に頼らない!即効で出る環境を整える方法

便秘薬のおすすめは下剤に頼らない
便秘かな?と思ったらすぐに思い浮かぶのが下剤(便秘薬)かと思います。下剤(便秘薬)には色々な種類がありますが、大まかに分けて刺激性下剤と緩下剤の二つがあります。

刺激性下剤は文字通り大腸を刺激して蠕動運動を促進し、排便を促します。作用としては強力ですが、その分常用すると大腸が慣れてしまって(耐性が付くと言います)徐々に下剤の量を増やさざるを得なくなってしまいます。そしていずれは下剤無しでは便がうまく出せなくなってしまうのです。そうなった場合の腸を腸弛緩症候群と言い、大腸カメラで見ると大腸の粘膜が真っ黒になる大腸メラノーシスという状態になります。

緩下剤は緩やかな作用の下剤で浸透圧などを利用して便の水分を増やすことで便を出しやすくします。こちらは常用しても耐性は付きにくいのですが、作用そのものはやや弱めです。

結論としては、刺激性下剤(センナ、ダイオウ、ラキソベロン、プルゼニドなど)は長期に渡って服用すると下剤がないと便が出ない状態になってしまいかねませんが、その期間は人によって様々です。数ヶ月でなる人もいれば、数年~数十年かけてなる人もいます。そうなってしまったらあとは徐々に下剤を減らしながら緩下剤をうまく併用して少ない下剤でも出せるように慣らしていくしかありません。つまりそうなる前に刺激性下剤は短期間(せいぜい数週間まで)しか飲まないように気をつけることが大切です。
便秘解消 比較 ナビです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

廉価ゴールドカード