NHKスペシャル 人体 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だったが放送!腸内フローラ

NHKスペシャル 人体 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だったが放送!が1月14日に放送されます。

テーマは、万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった です。

花粉症に食物アレルギー・・・現代人に広がる悩ましいアレルギーを根本解決するカギが、あなたの腸と無数の腸内細菌との間で交わされる“会話”にあることがわかってきた。親から子へ受け継がれる「健やかな腸の会話」とは?

胃で消化された食べものから、水分や栄養分を吸収し、最終的に不要なものを「うんち」として排出する臓器。
腸の内部には、食べものなどとともに外から入ってきた無数の細菌がすみ着いており、細菌同士、また細菌と腸の細胞との間で、さかんに情報交換が行われている。

便秘はもちろん、花粉症やアレルギーなどを解決するカギが腸と腸内細菌にあるそうですね。楽しみ!

腸と腸内細菌というと、腸内フローラを整えるということでしょう。

腸の細菌・・・腸内フローラとか腸活というテーマで考えると“乳酸菌”ですかね。

探すとすると、やっぱり乳酸菌系や乳酸菌が取れるサプリ!という事で市販や通販で人気のおすすめを探してみました!

そして番組内では、花粉症やアトピーの症状が軽くなった“ある場所”のレポートがありましたね。

それは、修行僧がいらっしゃるお寺さんで毎日食べている精進料理に含まれている食物繊維に注目されていました!

アレルギー対策の食べ物は・・・食物繊維だそうです。

あわせて、私たちが毎日精進料理を食べるのは難しいので、手軽に取れる食物繊維もピックアップしてみました!

腸内フローラ用サプリメント@市販乳酸菌 サプリランキング

腸内フローラを整える腸内環境 サプリ

カルグルト

・選び抜かれた注目の乳酸菌5種がまとめて摂取でき、腸まで届く!日本人に馴染み深い乳酸菌を補える販売累計30万包突破!。

カルグルトは様々な特許を取得している乳酸菌を使用しており、酒さ(赤ら顔)、紫外線による肌の乾燥、ニキビ、色素沈着、メタボリックシンドローム、アレルギー(スギ花粉症)、腸内フローラの改善などに有用な結果が出ています。

口コミたレビューを探すと、インフルエンザには乳酸菌、インフルエンザの予防に乳酸菌を採ってます。というのも見受けられました。

熟成自然派生酵素<酵素362種類×乳酸菌17種類>

熟成自然派生酵素

熟成自然派生酵素サプリは362種類の生酵素が1粒に凝縮。
また、腸内フローラ―を整えてくれる乳酸菌が17種類配合。

TV・雑誌出演の腸のスペシャリストが推奨の腸内環境サプリ

天然美通

乳酸菌とは異なる、乳酸菌生産物質という成分が腸内環境を整えることで効果を実感させます。
そして、「その道のプロ」たちのお墨付きです。
腸内環境を整えることで、他のサプリメントとの相乗効果が生まれます。

食物繊維を精進料理ではなく、私たちが手軽に摂るためにお野菜系を中心に探してみました!

グリーンクレンズカクテル

グリーンクレンズカクテル

クレンズダイエットとは直訳すると洗浄という意味で、新鮮な野菜や果物を使ってジュースで食事を置き換えることで、
体の消化器官を休めてあげ、エネルギーを代謝やデトックスに使うことができる、話題のダイエットです!

○スッキリ成分を贅沢配合!
・ビフィズス菌
・オリゴ糖
・食物繊維
・難消化性デキストリン

善玉菌のビフィズス菌とオリゴ糖、食物繊維と難消化性デキストリンと腸内フローラに良いとされる豪華メンバーですね!

森永製菓【おいしい青汁】

おいしい青汁

機能性へのこだわり
野菜不足を補うだけでなく、不足しがちな食物繊維を補うことで、高い機能性を実現させてました。

さらに森永製菓ならではの品質へのこだわりおいしさとともに森永製菓がこだわりぬいた毎日飲み続けるからこその安全性。
産地・食材・水・工場全てが森永品質です。

おいしさへのこだわりは産地から
北アルプスの大地で育った新鮮なケールでつくりました。

新感覚青汁ジュレ<黒糖抹茶青汁寒天ジュレ>

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

これまでの青汁とは違った新感覚の青汁です。ジュレタイプなのでどこでも食べられ、持ち運びも簡単。
そして何よりおいしい!青汁が苦手だった方にもおいしいので続けられます!

・これまでの青汁が苦手だった方
・食物繊維が足りていない方
・なかなか野菜を摂取できない方

黒糖抹茶青汁寒天ジュレのポイント!
■クマイザサ粉末
⇒食物繊維さつまいもの29倍!他にもカルシウム、鉄、マグネシウムと栄養豊富!
■植物発行エキス
⇒約40種の植物発行エキスを凝縮!
■お米由来の乳酸菌
⇒乳酸菌100億個!悪玉菌を抑え込みます!
■寒天
⇒ほとんどが食物繊維でできている寒天。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサに!

体中の臓器がお互いに情報を交換することで私達の体は成り立っている。そんな新しい「人体観」を、最先端の電子顕微鏡映像やコンピューターグラフィックスを駆使して伝える、シリーズ「人体」。第4集のテーマは“腸”だ。毎日の食事から栄養や水分を大量に体に取り込む消化・吸収の要だが、じつは私たちを万病から守る全身の「免疫力」を司っていることが、最新研究から明らかになってきた。なんと全身の7割もの免疫細胞が腸に集結し、いま話題の「腸内細菌」たちと不思議なメッセージをやりとりしているというのだ。ひとたび、腸での免疫のバランスが崩れ、免疫細胞が暴走を始めると大変なことに。花粉や食べ物、自分の体の一部まで「敵」と誤って攻撃し、さまざまなアレルギーや免疫の病を引き起こしてしまう。どうすれば、腸内細菌が出す“メッセージ”を活用してこの暴走を抑え、アレルギーなどを根本解決できるのか。最先端の顕微鏡映像や高品質のCGを駆使して、知られざる腸の力に迫る。

引用:NHKスペシャル 人体 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった

サブコンテンツ

このページの先頭へ

廉価ゴールドカード